Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
こんにちは。





気づけば2018年が始まり半月も経っていました。

お正月から3月までは行事やイベントが多い為、いつも以上にあっという間に過ぎてしまいます。

『1月は「行ってしまう」2月は「逃げてしまう」3月は「去ってしまう」と表現するくらい、この3ヶ月は早く感じる。いつも以上に1日1日を大切にしなさい。』

と師範の先生がおっしゃっていたのを思い出します。








さて、2回に渡ってやってきました、「手作りごはん」シリーズですが、今回でラスト!
実際に手作りごはんをやっていく中で、気をつけてもらいたい"犬が食べてはいけないもの"について、注意点をご紹介します。





☆犬に与えてはいけないもの


IMG_6787 2.JPG



私たち人間は雑食動物として進化してきましたので、ほとんどの食材はなんの問題もなく、消化吸収できます。
しかし犬は(雑食になりつつありますが)基本的に肉食動物です。
上手く消化吸収できず、毒素となって溜まってしまう、身体に合わない、有害で場合によっては死に至ることもあります。
大げさかもしれませんが、安全第一で、手作りごはんで愛犬を死なせない為にも、今回ご紹介する食材をしっかり覚えてもらいたいと思います。



ネギ類(タマネギ、ニラ、ショウガ、ワケギなど)
食べると血尿が出るようになり、溶血性の貧血になります。
タマネギ中毒という代名詞もあるほど有毒性では有名です。
加熱しても毒性は変わりません。

鶏骨、魚の硬い骨、獣骨
鶏の骨は特に、棘のようにさけるので喉や消化器に刺さる可能性があります。

味の付いた食べ物(スナック菓子、ハム、ベーコン)
ハム、ベーコン自体は大丈夫ですが、味の付いたものは避けてください。
犬は人間ほど塩分を必要としないので、とりすぎになってしまいます。
味の付いていないものを選びましょう。

唐辛子、胡椒、マスタード
犬の食べ物にスパイスも不要です。
香辛料は犬にとって刺激が強すぎます。

生卵の白身
生卵だけではなく豚肉などもしっかりと火を通す必要があります。

チョコレートやおかし類
チョコレートは最悪、死に至るほど犬の身体に悪いです。
おかし類には砂糖が多く入っているのでカロリーが多すぎます。
肥満の原因にもなります。

カフェイン、アルコール類
風味を出すためにワインなどを入れたくなりますが、お酒も犬の身体によくありません。
カフェインも犬には刺激が強すぎるので注意が必要です。












他にも犬の身体に悪いものは多数あります。
料理する前に少し慎重になり、しっかりと食材を選んでいきましょう。
万が一不安でしたら、"かかりつけの獣医さんに考えた献立を見せてみる"というのも1つの手ですね。










最後まで読んでいただきありがとうございました。






ご家族が決まりました。

10月5日生まれのトイ・プードルの女の子。
この度新しいご家族が決まりました。
目一杯可愛がってあげて下さいね。


  .JPG




前回、当店の手作りごはんについて紹介しました。










※前回の記事はこちら↓









今回はその続きのブログになります。





"どうして手作りごはんにする必要があるのか"





まずは皆様が普段あげているドッグフードと手作りごはん、それぞれのメリットとデメリットをあげてみましょう。






市販のドッグフード

【メリット】

・手軽にあげれる

・汚れにくい

・長期間保存が効く

・栄養バランスがよい

・旅行や緊急時でも苦労しない




【デメリット】

材料や成分、どのようなものを使っているかがわからない

・犬の食いつきが良くないことがある

・品質が疑い深い



ドッグフードメーカーがきちんとしたバランスで作るので、栄養バランスは良いです。

保存も効くので一見メリットに見えますが、防腐剤(BHA、エトキシキンなど)が入っていると考えると見方を変えれば、品質においてはデメリット。

どのようなものが食材として使われているかわからないところも疑い深いですね。








手作りごはん


【メリット】

・食材、成分が把握できる。

・愛犬の体調などに合わせることができる。

・余計な保存料を食べさせずに済む。

・品質の良いものを与えることができる





【デメリット】

・栄養バランスを考えたり、調理する手間と時間がかかる。

・保存が効きにくい。

・犬の体に悪い食材を入れてしまう



手作りごはんは新鮮な食材を使用できるので、ドッグフードよりも"いいもの"を与えることが出来ます。

手作りをあげた時、犬の食いつきが全然違います。これが最大のメリットです。

しかし、作る手間と時間が掛かります。さらに、誤って犬によくない食材を入れてしまうと本末転倒になってしまいます。









愛犬に「よりいいものを食べてもらいたい」ということが手作りごはんをする最大の理由になります。
しかし毎日のことなので、慣れないうちは億劫になるケースが多く、栄養バランスを考えるとドッグフードの方が良いです。




《結論》
犬の健康のことを考えると、手作りごはんを作る必要性は大いにあります。
しかし、飼い主さんの負担を考えると毎日は難しいと思いますので、
ドッグフードと手作りごはんを

交互にあげる
(時間がない朝などはドッグフード、夜は手作りごはんなど)

両方を混ぜる
(ドッグフードの上にのせてあげるなど)

その時その状況で、両者をうまく使い分けるのが得策ではないでしょうか
そうすれば、両者のメリットとデメリットをバランスよく補えます。




現在では(当店でも扱っている)品質のよいオーガニックのドッグフードも増えてきています。
簡単に作れる手作りごはんのレシピ本も多く出てきています。

両者のデメリットが今後、無くなっていくといいですね。


DSC_0141.JPG










次回はいよいよ、手作りごはんを作る際に気をつけること、使う食材について紹介させていただきます。



IMG_6615.JPG

私事ながら、今年の初詣は明治神宮へ行きました。
1日は人がとても多いので混雑を避けるために3日にしよう!と相談して行きましたが、あまり変わらず‥‥
今年も参拝客で大変賑わっておりました。


みなさんはどんな新年の幕開けをしましたか?













今回は、お店で作っている犬の手作りごはんをご紹介いたします。

〜材料〜

・鳥の胸肉
・鮭(骨を取り除いたもの)
・鳥のもも肉
・じゃがいも
・白菜
・大根
・にんじん
・まいたけ
・トマト
・わかめ
・マカロニ
・オメガ3

※食材、作る際の分量はその日によって変わります。
タンパク質、炭水化物、ビタミン類など、偏りがないように、バランス良く食材を入れて行きます。







〜作り方〜

①食材を食べやすい大きさに切る。

②水を使う鍋に対して二分目程入れる(煮込んで行くうちに野菜などの水分が出る為あまり入れなくてok)

③火が通りにくいもの(肉や根菜類など)から順に鍋に入れ煮込んだら完成。

IMG_6551.JPG
IMG_6556.JPG




☆基本的に食材は目分量で入れています。その方が毎回異なる栄養バランスになる為、偏りがなくなります。



IMG_6204.JPG


毎日のことになるとやはりしんどくなるとおっしゃる方が多いですので、気楽にあまり細かいところは気にせずやってみるのが良いでしょう。











ところで‥‥‥



なぜ手作りごはんにするのか

栄養バランスについて

犬が食べてはいけないもの


などがやはり気になってくると思います。











それらの詳細は次回のブログにて紹介させていただきます。乞うご期待。


2017年11月16日生まれのトイ・プードルが、間も無く当店に仲間入りします。

スクリーンショット 2018-01-04 16.00.54.png



詳しくは店頭までご連絡下さいませ。

あけましておめでとうございます。
去年は大変、お世話になりまました。

私もこうして無事に新年を迎えることが出来ました。
何事もなく毎日楽しく過ごさせていただけることを感謝して、なお一層、犬の幸せの為に、皆様の為に精進していきます。
2018年も青山ケンネルインターナショナルをよろしくお願いいたします。

今年は戌年なので、今まで以上に特別な年にしたいですね。

IMG_2290.JPG














私はふと思いました。
「どうして犬はこんなにも人間に可愛がられるのだろうか?」
"可愛いから"と言われればそうなのですが、どうもそれだけではない気がしました。
人を惹きつける犬の魅力について気になりまして、ちょっと調べて考えてみましたので、今回はこれについて紹介させてください。



【犬の魅力】

喜怒哀楽がはっきりしている

名前を呼んだ時、お散歩バッグを取り出した時、ご飯やちょっとしたおやつをあげる時、犬はハッキリと嬉しい、楽しい、喜んでいる姿を見せてくれます。その瞬間を純粋に楽しんでいる姿は見ているこちらも嬉しくなります。




空気を察する能力

犬には※第六感があると言われています。(※人間の五感で言う視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚以外で物事を感じ取る六個目の感覚のこと)
私達には見えない、感じない空気を読む勘、インスピレーションの様なものです。
皆様の愛犬も何もないところに向かって吠えたり、動物病院に行く日だけやたら外出したがらない時など不思議に思うことはありませんか。
犬にはいつもとは違う空気を察する能力があります。なので私達の気持ちや心の状態も察してくれる為、言葉がなくても心で通じ合えるところがありがたいですね。




③適度に手間をかけさせてくれる

犬は基本的に人の家で飼っている為、私達の世話なしでは生きていけません。
犬を飼っている方は誰しも「私がいないと‥‥」と思うはずです。
手間がかかる方が接する頻度が多くなるので、飼い主と固い絆で結ばれやすくなります。そうすることで、より犬のいいとこに気づきやすくなります。




④完璧ではなく、ちょっとした隙がある

私達も"完璧な人"よりも"ちょっと抜けてる人"の方が親近感があって好意的になりやすいですよね。
犬が無防備にお腹を出して寝転んでくれると「安心してくれている」「心を開いてくれている」と思い可愛らしく魅力を感じます。









ペットとして飼われている犬達は仕事がある訳でもなく、何かしてくれる訳でもないです。しかし犬にはこのような魅力が他にもたくさんあり、
その"存在"自体が私達に癒しを与えてくれる、いてくれるだけで幸せを感じさせてくれるのでしょう。
犬は私達にとって無くてはならない大切な存在です。




最後まで読んでいただきありがとうございました。