Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
こんにちは。

最近は特に寒くて、外へ出かけるのが億劫になりそうです。
その点、犬は全然平気なので、とても羨ましく思い、魅力を感じます。






今回はそんな犬の魅力について、そしてその中でピックアップして、今年の人気犬種No.1になった
トイプードルの魅力、人気の秘密についてご紹介します。








☆プードルについて

プードルは地中海沿岸(フランスなど)の発祥で、当初はサイズも大型犬並みの大きさでした。
主に※水鳥猟犬で活躍していました。

その猟犬が小型化されて、ペット犬としての、現在のトイプードルになります。

※水鳥猟犬は猟師が銃などで仕留めた獲物を取って持ってくる仕事が主になります。

鴨や水鳥などの回収を行う為、水中での作業が多く、泳ぎが得意ということも魅力の一つですね。

それほど活発で、運動能力があるわけですが、

一番の魅力は人との折り合いが良いということです。

当時は猟師と共に行動をしておりました。その祖先の血を引き継いでいるので、人間に対して好意的、フレンドリーな子が多いです。

現在は猟をすることはありませんが、飼い主と犬との関係をより良いものにする為にはこの要素は不可欠になります。









他にもプードルの魅力はたくさんありますが、書ききれないほど多いので、今回はここまで。
続きはお店にてスタッフに聞いていただければと思います。




先日、当店にやってきた黒のトイプードルもおりますので、是非ご覧くださいませ。
2017年10月5日生まれの女の子です。

IMG_2317.JPG


こんにちは。

12月も半ば、またさらに気温が下がり、冷気が身体に突き刺さるような寒さです。マフラーが必須になりました。

今年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が1発表され、「北」に決まりましたね。

北朝鮮のミサイルや拉致問題、北海道のポテトチップスが一時期販売中止になったことなどが影響しているそうです。

私も"今年の漢字"は何になるか、2017年を振り返ってみようと思います。



【お知らせ】

青山ケンネルインターナショナルのクリスマスphoto spotをクリスマス期間限定で解放しています。

DSC_1060.JPG




ご愛犬の記念撮影スポットになっております。

営業時間内で無料で開放しております。


DSC_1979.JPG

愛犬をお連れいただいてのセルフにて写真を撮っていただく場所になっております。


お散歩ついでに是非立ち寄って写真を撮って行ってくださいませ。


こんにちは。

ついに今年の流行語大賞が決まりましたね。

2017年は『インスタ映えと『忖度』が選ばれました。
今年の半ばから、『青山ケンネルインターナショナル』のインスタグラムを始めましたので、いつの間にか当店も流行りに乗っかっておりました。

"忖度"はトリマーをさせていく中で大切なものですね。これからも尚、お客様、周りの方に忖度できるように努めたいです。












皆様

愛犬の抱っこ

どのように行っておりますでしょうか。


小型犬を飼われている方は特に、抱っこをする機会が多いと思います。
毎日のことですので、犬にとってよくない抱っこの仕方をしていると身体に負担が掛かってしまいます。

特にダックスフンドなど、胴が長い犬種は、抱き方次第ではヘルニアの原因になってしまうかもしれません。






今回は犬の正しい抱っこの仕方について紹介したいと思います。




片腕で抱く場合

犬の前脚2本もしくは1本を掴み、お腹を包むイメージで抱き上げます。

DSC_1563.JPG
犬の背中はなるべく水平に。自然に立っているときの姿勢、もしくはお座りの姿勢で抱くのが良いです。
抱いたときに人間の胸につけるようにして、安定性を持たせます。

DSC_1546.JPG
万が一びっくりして飛んでしまう可能性がありますので、腕もきちんと持つことが大切です。






両腕で抱く場合

先ほどの片腕での抱き方に+もう片方の手でお尻を支えてあげます。

DSC_1572.JPG
DSC_1581.JPG


両腕で抱くほうが安全で安定しますので基本的にはこの抱き方が最適ですね。

胴体と腰を一緒に支えてあげる
自然な形を保てるような抱き方が良いです。

足と足の間に腕を入れるように抱っこしてあげてください。












IMG_6392.JPG

このように、縦にして抱っこすることで、背中と背骨の位置が不安定になり、体全体に不自然な力が加わります。
姿勢が悪くなり、身体に負担が掛かるのであまりオススメ出来ません。
腰と足がぷらんぷらんとならないように気をつけてください。
















いかがでしたか。
写真を見比べて、もう一度、愛犬の抱っこの仕方について考えてみてはいかかがでしょうか。

最後まで見ていただきありがとうございました。