Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
いつもブログを拝見いただきありがとうございます。



IMG_6020.JPG

先日、会社の社長にお会いした際、
「何か趣味を持った方がよい。仕事も大切だけれど、息抜きや好きなことをすることも大切です。」
と助言をいただき、好きなことを始めようと決心した所存でございます。年内までには何か始めようと思います。








さて
ペットブームや獣医学の発展などに伴い犬の平均寿命は年々長くなっています。

散歩されてる方に愛犬の年齢を尋ねると、
「10歳なんですよ。もういい年でね。」
「もうすぐ1歳なんです。まだまだ子供でね‥‥‥」
など他の犬の年齢を尋ねるとしばしばこのような話になると思います。

実際、犬の年齢はどこから成犬でどのへんから老犬なのでしょうか。

今回は犬の年齢について言及していきます。



こちらの犬の年齢を人間の年齢に換算した表をご覧下さい。

IMG_6071.GIF
出典:Web site of Greystones Veterinary Hospital and Florence RoadVets.
http://www.greystonesvet.ie/how_old_is_your_dog.htm#info


"dog years"は犬の年齢、カッコ内の"human years"が人間の年齢を表します。

それぞれ ↓
・small breed=小型犬
(トイプードルやチワワなど)

・medium breed=中型犬
(コーギーや柴犬など)

・large breed=大型犬
(ゴールデンレトリバーやスタンダードプードルなど)

・giant breed=超大型犬
(グレイハウンドやアイリッシュウルフハウンドなど)

と分かれています。

これを見ますと、
犬が1歳と半年くらいで人間の20歳、成犬の仲間入りを果たすことになり、
そこから犬の大きさによってそれぞれのスピードで年をとっていきます。

3歳でも既にいい大人ですね。
8歳にもなるとどの犬種も人間の50歳相当の年になります。

「1歳で成人。それ以降は7歳ずつ年をとっていく」という話をよく聞きますが、そちらはどの犬でも当てはめやすいおおよその平均になっていますので、正確には犬の大きさで分けるのが一般的です。

犬の大きさで年齢換算が変わる理由は寿命の違いです。
大型犬よりも小型犬の方が寿命は長いので分けて考えます。


この表をご覧になって、貴方の愛犬は何歳くらいか見比べてみてはいかがでしょうか。



カテゴリ: