Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル

5月4日生まれ、毛色はホワイト、トイプードルの女の子2頭が、

先日、新しいご家族にお迎え頂きました。

父親にインターナショナルチャンピオンの、大変素晴らしい血統です。

 

 

DSC_1415.JPG

 

〜インターナショナルチャンピオンとは〜

 

ドッグショーという犬種本来の美しさを評価する大会があり、基本的に最低限の要件を満たしていれば、どの子でも出陳できますが、ブリーダーが多く出場しチャンピオンになれそうな優秀なワンちゃんを選別して出陳させますので、必然的にレベルの高い犬達がライバルという事になります。

 

まず初めにJKCチャンピオンになるためには、ジャパンケネルクラブが発行する

「CCカード」と「MCCカード」の合計が4枚以上で、そのうちMCCは1枚以上必要となります。

CCは通常のクラブ展(出陳頭数は約200500)で勝ち上がると付与され、

MCCはFCI展(全国14箇所で主催するFCIインターナショナルドッグショーで出陳頭数は約7001500頭。)、連合展(出陳頭数は約300500)などの大きなドッグショーで良い成績を残すと付与されます。

最速でも4大会連続で入賞しなければいけないことになるのでJKCチャンピオンになるにも相当な素質と努力が必要となります。

JKCチャンピオンになると、ようやくインターナショナルチャンピオンになるための切符が手にできます。


インターナショナルチャンピオンになるためにはFCI展でBOB(犬種内で入賞)以上になった際に発行されるCACIB(キャッシブ)というのが4枚必要。
また、CACIBは異なる3カ国の異なる4名の審査員が発行したものとされています。


FCI展でBOBとなるとそうそう獲れるものではありません。例えばダックスの場合だとチャンピオンクラスだけでも十数頭出陳する事もまれではなく、その中で勝つのは並大抵の事ではないからです。
インターナショナルチャンピオンはチャンピオンの中のチャンピオンと言われる所以なのです。

 

 

トイプードルを迎え入れられた飼い主様も、とても可愛がってくださっているようで、スタッフ一同大変嬉しく思います。

これからもたくさんの愛情を注いであげて下さい。