Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
名称未設定.png

こんにちは!スタッフの加登です。

これから暑くなる季節。

人だけじゃなく、愛犬の熱中症にも気をつけなければなりません。

 

〜熱中症になりやすい犬種、なりにくい犬種〜

 

☆なりやすい犬種

シーズー、ペキニーズ、フレンチブルドッグ、パグ等のマズルが短い犬種。

→マズルの短い犬種は、鼻孔が狭く鼻呼吸の効率が良くないために、熱の発散効率が低くなり、熱中症になりやすいです。

 

☆なりにくい犬種。

ダックスフントなどのマズルの長い犬種。

→マズルの長い犬種は、鼻腔や咽頭起動が広く、効率よく熱を発散できるので、熱中症になりにくいです。なりにくいと言っても油断はしてはいけません。

 

それでは、実際どんな症状が熱中症かというと次の通りです。

  熱中症の初期症状は、パンティング(舌を出し、ハーハーとする呼吸)が激しくなり、喘ぎながら、よだれを流し始めます。

 

*呼びかけに反応しなくなる、痙攣や嘔吐、下痢などの症状。

 

*脱水症状により血液が濃くなり、酸欠で舌の色が紫色になります。

 

*血圧が下降して呼吸不全になり、手当が遅れるとショック症状を起こして死に至ります。

 

いざ熱中症になってしまったら、どうしたらいいでしょうか。

 

〜対策〜

 

*炎天下での運動や散歩、高温多湿の室内や車内などでの留守番は避ける。

 

  お家で留守番させる場合は、エアコン等で室温が高くならないようにしましょう。

 

*ケージに入れる場合は、直射日光が当たらないところに設置しましょう。

 

  飲水などもしっかり用意しておきましょう。

 

*車内に一人で置いていくことのないようにしましょう

 

*日中のお散歩は避け、早朝や夜にお散歩しましょう。

 

 

〜応急処置〜

 

とにかく冷水をかけて体を冷やしましょう。

早めに病院へ。

*一刻も早く体を冷やし、涼しい場所に移動して水分補給を心がけましょう。

冷水で濡らしたタオルを体や頭、わきの下、内股の付け根にかけます。

 

 

犬は体温の調節が難しい動物です。

人間の何倍も熱中症にかかりやすくなります。

朝方や夕方でも湿度が高ければ熱中症になるのです。

大切な愛犬を守るために、ぜひ熱中症対策をしてあげて下さい。