Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル

大型連休も終盤に差し掛かっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

スタッフの大倉です。

皆さまの愛犬は今  何歳ですか

pet_inu_rouken.png

 

今回はシニア犬の年齢についてお伝えしていきます。      

バブル前後で叫ばれたペットブームも

今やすっかり定着し、ペットが家族の一員であるという意識は当たり前のものとなりました。

2003年には犬と猫の合計飼育数が

15歳未満の子どもの数を超えたことがちょっとしたニュースになりましたが、それも10年前のことです。

 

家族のように可愛がってきた愛犬も

気付けば101112歳。15歳を超えるワンちゃんも増えています。

 

◯◯ちゃんは人間で言うと何歳かな

よくこのような会話になると思います。

 

人間

2ヶ月

2歳

10

12

10

14

1年

16

1年半

20

2年

24

 

2歳までは全てのワンちゃんが同じようなスピードで成長し、その後小型、中型、大型犬で年をとるスピードは違うと考えられています。

 

超小型〜小型

中型

大型

人間

3年

 29歳

 30歳

 31歳

34

36

38

39

42

45

44

48

52

49

54

59

54

60

66

59

66

73

10

64

72

80

11

69

78

87

12

74

84

94

13

79

90

101

14

84

96

108

 

予防医療の発達やドッグフードの普及、飼育環境の向上など、ワンちゃんに対するケアが手厚くなったことで長生き出来るようになりました。

 

犬種、体格、栄養状態、生活環境による個体差はありますが、老化の兆しは7歳頃から始まり「高齢期」=シニアと呼ばれています。

人間の7歳はまだランドセルの年頃と思うと、年をとるスピードがだいぶ違いますね。つい、まだまだ若いと思いがちですが、シニアなんだと認識することで

日々のちょっとした体調の変化、目や耳、関節に不調が出ていないか気付けるようになるといいですね。

 

年をとって口元が汚れやすかったり、排泄の問題で被毛が汚れやすかったりしても、快適に生活させてあげたいですよね。

 

次回はシニア犬との向き合い方についてお伝えします。