Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル

IMG_1238_2.JPGこんにちは!

スタッフの加登と申します。

 

今日はトリミング、グルーミングの必要性について考えていこうと思います。

皆さん、トリミング、グルーミングってどういう意味か知っていますか?

トリミングとは「各犬種のパターンを把握し、その犬種の長所を伸ばし欠点をカバーする技法を用いること」

グルーミングとは「犬に対する被毛の手入れのすべて」を言います。

定期的なトリミング、グルーミングは、毛並みを揃え清潔にするだけじゃなく皮膚病やノミ、ダニ等の早期発見及び除去にも繋がります。

愛犬の健康維持にとって重要ですね!

グルーミングの中にはお家でも簡単に出来ることも含まれていますので、是非お家のワンちゃんにもやってあげてみてください!

 

ブラッシング

ブラシを使って犬の被毛を清潔、健康に保ち、刺激によって犬の血行を促進させ、

ノミ、ダニの発見や除去、皮膚の異常などの早期発見などにも繋がります。

毛玉を大量に付けてトリミングに来るワンちゃんがいますが、固く絡まった大量の毛玉をブラシで解くのは時間がかかりますし、

何よりワンちゃんの負担になってしまいます。

特に、お洋服を着せているワンちゃんや、長毛のワンちゃんは毛玉が出来やすいのです。

この毛玉を防ぐにはどうすればいいか。

お家でブラッシングをしてあげれば良いのです!

道具は当店でもお買い求め頂けますし、やり方なども当店スタッフに聞いて頂ければ丁寧にお教えいたしますので、是非挑戦してみてください。

 

 

爪切り

爪の伸びすぎは怪我に繋がるだけでなく、骨格に異常をきたす原因にもなります。

特に最近は大概がフローリングのお家なので、爪の長いワンちゃんは滑って怪我をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうならない為にも、爪切りが必要なのです。

又、ワンちゃんの爪には、人の爪と違って血管が通っています。

なので、人間の爪を切るように切ってしまうと、血管を傷つけてしまって血が出てしまうので気を付けましょう。

DSC_0353.JPG


このように爪が伸びすぎて巻爪になり、自分の皮膚を傷つけてしまっています。

 

 

耳掃除

犬種の中には、耳の中に毛が生えるワンちゃんがいるのをご存知ですか?

日本で人気の高いプードル、シーズー等の犬種は、耳の中に毛が生えるのです。

では、この耳の毛を放置しておくとどうなるのか。

毛によって耳の中の通気性が悪くなり、蒸れることによって雑菌が繁殖します。

それにより耳ダニが繁殖し、悪臭を放ちます。

更にそれを気にしたワンちゃんは、自分の耳を必要以上にかいてしまいます。

そうすると、耳が赤く腫れ、その痛みを気にして更にかく・・・

といった悪循環に陥ってしまいます。

そうならない為にも、耳掃除は必要なのです。

特にプードルやシーズーのように垂れ耳のワンちゃんは耳の中の通気性が悪いので、お手入れが必要です。

 

シャンプー

  長い間シャンプーをしていないと、肌荒れ、フケの発生、悪臭等の原因になってきてしまいます。

  シャンプーをすることでノミやダニを予防したり、皮膚の異常の早期発見にも繋がります。

  勿論それだけではなく、愛犬の被毛もふわふわのサラサラに。

  肌の荒れている子には薬用シャンプーだけでなく、ハーブパック、バブルバスなどもありますので、是非お試し下さい。

 

 

このように、グルーミングは愛犬の健康維持や病気などの早期発見にとても重要になってきます。

勿論、綺麗に、良い匂いになって帰ってくる愛犬を見るのはとてもうれしいものです。

それだけではなく、コミュニケーションをとる意味でもとても大切なことだと思います。

春が過ぎると梅雨がやってきますが、梅雨時は皮膚トラブルが多くなる季節です。

愛犬の健康のためにも、是非定期的なグルーミング・トリミングをしてあげて下さいね。