Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
愛犬がシニアになってから感じることは意外とたくさんあります。
年齢を重ねてから新しいことを覚えるのは愛犬にとって困難です。


1、高さのある食器にする。
 頭を下げて首を曲げたまま食事をするのは、シニア犬にとっては辛い姿勢です。
食べやすく、飲み込みやすい姿勢を保てるよう食器の位置を調節して、愛犬に合わせてあげましょう。

2、食事の内容や量を見直す。
 6、7歳から基礎代謝が低下し、太りやすくなったり、消化機能の衰えが出始めます。
同じフード、同じ量を食べているのに太ってきたら、年齢に合ったフード選びをしましょう。

3、トイレを室内で出来るようにしておく。
 トイレのために外へ連れていくのは大変です。外でしかトイレが出来ないと高齢で頻尿になったり
介護が必要になった時に愛犬にも飼い主さんにも負担が大きくなります。
根気が必要ですが、今からでも室内でのトイレができるトレーニングを始めましょう。
→具体的にはトイレシーツの上にマーキングできるように雑草をや土を敷いて、外の環境に似せてあげる。
 トイレは外でするものだと思い、要求吠えをしますが無視しましょう。

4、かかりつけの病院を持っておく。
 シニアになれば検査などで病院にいく機会も増えるものです。
経過を見守ってもらえて、いつもと違いにも気づいてもらいやすい、かかりつけの病院があると安心です。
できれば定期的な検査をしましょう。

5、服を着ることに慣れておく。
 シニアになると防寒対策や手術後の患部を保護するためのウェアや歩行補助のためのハーネスなど、
何かを身につける機会が増えてきます。
日頃からウェアを着て慣れることでストレス軽減に繋がります。

6、お部屋を安全に整える。
 シニアになると足腰が弱って、段差や滑りやすい床が苦手になります。
愛犬が安心して過ごせるようにお部屋の環境を見直しましょう。
→ソファやベッドなどに低めの階段をつける。入り口が低く、足腰に負担の少ないベッドを設ける等。



これら全て行うことは難しいですが、出来るだけ早くから行い、健康に過ごせる年齢を伸ばしましょう♪