Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
秋の健康注意点。
今回は以下の4つが特に注意が必要です。
夏バテの回復
秋になったから夏バテしないと思う飼い主さんは多くいると思いますが、そんなことはありません。
気温の変化により体調を崩しやすくなるので注意が必要です。
涼しくなるとともに食欲は旺盛になるので、健康犬は餌の量を増やしてあげるといいでしょう。老犬や妊婦犬は量を増やすのではなく、高タンパク食に切り替えて冬に備えて栄養補給させてあげることをお勧めします。

運動量の増加
夏場は運動しなかった犬たちは涼しくなると、活発になります。散歩を欠かさぬように心掛けましょう。
また散歩中の段階的な訓練も継続して行い、散歩後には全身チェックし拾い食いなどしてないか見ましょう。

フィラリア対策の継続
フィラリアの予防薬は蚊がいなくなってから2ヶ月は継続して投与する必要があります。
油断はできません。

被毛の手入れ
夏の日差しで被毛が痛み、抜け毛やフケが多くなります
ブラッシングを毎日行い、皮膚の血行を良くし定期的なシャンプーで肌を刺激し新陳代謝を促すことがとても大切です。
傷んだ被毛をよりケアするにはハーブパックを当店ではお勧めしております。
短毛種の子にはドクターハーブ
被毛に輝きを促すにはビューティーのハーブパック
それぞれ紫外線によるダメージから被毛を守り、ハーブ独特のボリュームを与え美しさを長期間キープ。
毛のもつれ、毛玉を防ぐのでお家でのお手入れが楽になります。
各1500円で行っております。
この機会に是非。