Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
8月に入り、猛暑日が続くようになりましたね。
暑い日が続く中、愛犬家の皆さんはお散歩でお外を歩く機会多いと思います。
犬は寒さに強いと言われてますが、暑さにはとても弱い動物なんです。
熱中症にかかりやすい動物と言えます。
人間は汗をかくことで体内の温度を下げますが、犬は足の裏の肉球以外に汗腺がないので、口でハァハァと呼吸することで唾液を蒸発させて生じる気化熱で体内の温度を下げます。
しかしあまりにも温度、湿度が高いといくらハァハァと呼吸をしても唾液が蒸発しにくく、体内の温度が下がりません。
犬の体温は37.5℃前後といわれ(小型犬、仔犬のほうが大型犬よりやや高め)人間より高いです。
体温が41℃を超えると命を落としてしまう恐れもありますので気を配りましょう。

熱中症の主な原因は3つあると言われています。
①締め切った室内、車内に留守番させる。
空気の流れがなく、締め切った室内、車内は想像以上に室温が高くなります。
直射日光が入り込む場所にケージ入ったワンちゃんがいた場合、熱中症になる危険がすごく高まります。

②蒸し暑い日に気温が高い日に散歩をする。
真夏のアスファルトは50℃近くに達し、照り返しによる放射熱はおぞましいことになります。
また、肉球の火傷にもなり兼ねません。

③屋外にて遊びに行く。
炎天下の中、山や海へ連れて遊びにいくのは楽しいですが、大変危険です。


熱中症になった犬には、次のような症状が見られます。
⑴口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそうに荒い呼吸をくりかえす。
⑵へたり込んで、ぐったりしてします。
⑶よだれをを垂らす。
⑷舌の色が濃くなって赤黒く見える。
⑸目が充血する。
⑹呼んでも反応がにぶい。
⑺ふらついて倒れてしまう。
⑻悪心や嘔吐、下痢をする。

対処法〜お散歩〜
日中は控えて、早朝、夕方、夜などに行くようにする。
なおかつ、日陰や草の上などを歩かせる。
手のひらを地面に当てて、冷たく感じる時間帯が良い目安と言えます。

対処法〜室内〜
まず換気し、直射日光が当たらない環境を作る。
エアコンで室温を涼しすぎない程度に下げ、湿度を60%以下にする。
飲み水も少なすぎに注意し、水温上昇も避ける。

対処法〜外出時〜
炎天下での激しい運動は避け、水分補給を十分させる。
海などの日陰が少ないところには出かけない。
キャリーバックに入れる場合は、保冷剤をタオルに包み、底に敷いてあげる。

何かあってからでは遅いです。
熱中症にはどんな犬種でもなり得ることなので、しっかり対策しましょう。