Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
古来から中国皇帝に愛された犬

ペキニーズという犬種をご存知でしょうか?

ペキニーズは、獅子を釈迦のシンボルとしていた中国のラマ教と深い関わりを持っています。東洋美術に描かれている狛犬は、高貴なものの象徴とされる獅子に似た外貌をしており、さらにそれを強調するための交配が行われました。その結果、ペキニーズは"獅子犬"という名前で知られるようになります。 

唐の時代(8〜9世紀頃)には、ペキニーズの繁殖が、王宮宦官の後援によって大々的に金に糸目なく行われ、多くのペキニーズが王族の一員として至れり尽せりの寵愛を受けていました。 

中国の皇帝たちは、小型のぺキニーズを袖に入れてかわいがっていたため、この犬種は「袖犬」とも呼ばれていました。 

1860年、イギリスは中国皇帝の庭園であった頤和園を略奪します。彼らが略奪した戦利品のなかに5頭のぺキニーズが含まれており、この犬たちはその後、兵士たちによってイギリスへ持ち帰られます。そのうちの1頭がヴィクトリア女王に献上され、他の4頭とともに瞬く間に人々の注目の的となり、イギリスでの交配の歴史が始まることになります。 

ペキニーズは長い間、裕福な人々のためだけの犬でしたが、次第に一般化され、一時は人気がありすぎて入手が困難になるほどでした。現在は安定した人気を維持し、愛玩犬として、またはショードッグとして可愛がられています。

可愛い顔して・・・

実は性格は小型犬にもかかわらず勇敢な性格を持っていて、
自分から喧嘩を仕掛けたりなどはしませんが争いになると
負けず嫌いな犬種です。
飼い主や家族には忠実ですが、見知らぬ人とは距離を置くので打ち解けるまでに時間がかかります。

ペキニーズを飼うときに気をつけなきゃいけないのは
暑さです。
ペキニーズに限らず、短吻犬種(シーズー、パグ、フレンチブルドックなど)を暑い中長時間お散歩させたりすると
他の犬種よりも熱中症にかかりやすいのでこれからの時期
気をつけなければなりません。
また毛の長い犬種なのでサマーカットを検討したり、
涼しい環境で過ごさせてあげるのがオススメです。

ペキニーズのサンティ君です。
今回はシャンプーとカットをご利用いただきました。
ペキニーズは本来グルーミング犬種というあまりカットをしない犬種なのですが、
サンティ君はサマーカットで全身さっぱりしました。
長毛のペキニーズも可愛いですが、サマーカットでさっぱりしたスタイルもまた違う感じで
可愛いですね♪

サンティ君またのご利用お待ちしております。
DSC_0116.JPG