Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
可愛らしいルックスだけど・・・
ダックスフントはドイツ原産の犬種で、ドイツ語で『アナグマ犬』という意味の犬種名です。
ダックス(アナグマ)を追うフント(犬)なのでダックスフントといいます。
その名の通り、アナグマあるいはキツネ、ウサギなどの狩猟犬として16世紀にはすでに活躍していました。
特徴的な容姿は胴長短足の体型で、これは獲物を追って地中をより円滑に移動するために
進化しました。
またマズル(口吻)が長く鼻腔内の面積が広いため鼻がとても効くという猟犬ならではの特徴も持っています。
胴長短足という可愛らしいルックスでありながらも実は猟犬として活躍していたのです。


猟犬として人間と生きてきたダックスフントですが、性格は生まれつき友好的で落ち着きがあり、
普段は攻撃的であったり、神経質なことはありません。ペットとして飼う際も比較的飼いやすい性格と
胴長短足という愛らしいルックスから今でも根強い人気がある犬種です。

バラエティーに富んだ面白い犬種
ダックスフントは他犬種と違い、親とは違う犬種になれるという面白い犬種でもあります。
それはどういうことかというと普通トイプードルのサイズというと体高が26−28cmが望ましいとされていて
それ以上の犬はもう一段階上のサイズのミニチュアプードルとして血統書が登録できるかというとそうではなく、いくらミニチュアプードルのサイズでもトイプードルから生まれた子はトイプードルとしか血統書は登録できません。
しかしダックスフントの場合、いくら親がミニチュアダックスでも体重が9−12kgで35cm以上の胸囲ならスタンダードダックス、生後15ヶ月経過時体重が5kg以下胸囲が30−35cmならミニチュアダックス、生後15ヶ月経過時体重が3.2−3.5kgで胸囲が30cm以下ならカニーヘンダックスに、条件が合いさえすれば親とは別の犬種として血統書を登録することができるのです。
またダックスフントはサイズは3種類、毛質もスムース、ロングヘアード、ワイヤーの3種類、毛色に関しては
10種類以上と他犬種には見られないくらいバラエティー豊かな犬種でもあります。

胴長という体型のせいで腰や股関節に負担が多く、ヘルニアになる危険性が高い犬種です。
また他犬種より足が短く、地面の近くを歩くことが多いので太陽からの反射熱を多く受けることによる
熱射病にもこれからの時期は特に注意しなくてはいけません。


お店に来てくれている
ワイヤーダックスフントのボス君です。
ボス君のカット内容は、すきバサミで短くカット。
仕上がりは、まるでスムースヘアーのようです!
ボス君シャンプーが大好きで、眠くなってうとうと...♪

夏の間にもう一度お越し頂けるということで、
楽しみにお待ちしております!



20150524.jpg