Aoyama Kennel International

青山ケンネルインターナショナル
飼い主様の義務
今年の狂犬病予防注射摂取はお済みでしょうか?
狂犬病の予防注射ってやったほうがいいの?ではなく、『必ずやらなければいけない』ものです。
日本では狂犬病予防法により、犬の飼い主様には毎月1回の狂犬病予防注射摂取が義務付けられています。
毎年4月〜6月に動物病院や各自治体で行われる集合会場で受けます。
摂取後手続きをすると、狂犬病予防注射の摂取を受けた際には「注射済票」(犬の登録をした際には「鑑札」)が交付されます。
この注射済票と鑑札は、必ず愛犬に装着させなければいけません。

ブログ1.jpg
狂犬病って?
狂犬病ウイルスは石鹸で洗えば死に、空気中でもすぐに死滅してしまうほど弱いウイルスです。
しかし、人を含めたすべての哺乳類が感染し、発病するとほぼ100%死亡する、治療法のない病気。
世界では年間約5万人程が狂犬病で命を落としています。
ウイルスは感染動物の唾液に含まれているので、咬まれたり、傷口や目・口の粘膜をなめられたりすることで神経系の細胞に感染します。
感染後、傷から神経系通して1日〜数10mmのスピードで脳に向かって進むと言われ、発症すれば致命的となります。
inu.png


日本での発症状況
日本でもかつては狂犬病による人間の感染が年間100名を超えていた時代がありました。
1950年に狂犬病予防法の施行により、感染者は激減しました。
その後、国内での感染が確認されなくなって以降、日本で狂犬病が発症した事例は日本国外での輸入感染だけです。
1970年にネパールを旅行中の日本人旅行者が現地で犬に咬まれ、帰国後に発病。
その後2006年に男性2人がフィリピン滞在中に犬に噛まれたことが原因で狂犬病を発病。
いずれも発病後は亡くなりました。
IMG_0642.JPG
犬と人が安心して共に暮らすために
狂犬病は全ての哺乳類に感染しますが、まん延の原因となる動物は限られており、アジア地域等、狂犬病の流行国では、犬が主なまん延源となっています。
従って、飼い犬に狂犬病の予防注射を接種することで犬でのまん延が予防され、人への被害を防ぐことができ、日本でも万が一狂犬病が侵入した場合に備えて、飼い犬への狂犬病予防注射を義務づけています。
犬を飼う人の義務ですので、毎年1回、必ず狂犬病の予防注射を受けさせましょう。
IMG_0644.JPG