タグ「犬 洋服 青山ケンネル 犬用」が付けられているもの



こんにちは。スタッフの中川です。

ここ最近、急に寒くなったせいか、スタッフの数名が風邪を引いてしまいました。季節の変わり目を感じております。
気温も下がり、上着を着て出かける方が多いと思います。愛犬との散歩の際も服を着せて出かける方もちらほら見かけるようになりました。


DSC_2792.JPG
犬にも服を着せて暖かそうですね。しかし、実際はどうなのでしょうか?






・寒さに弱い犬種(チワワ、ミニチュアピンシャー、イタリアングレイハウンドなど
・老犬や病気などで体温調節が難しい子
・真夏の直射日光による紫外線、熱中症対策で暑さに弱い子
・雨の日の散歩の際


などの場合は服を着せた方がよいこともあります。

ですが本来、犬の毛は(私たち人間も着る)上着と同様の役割もしております。



犬の服を着せるということはコートやジャケットの上にもう1着、コートやジャケットを着るようなもの。

犬は毛の密度がとても高く、皮下脂肪がしっかりついているので寒さに順応できます。



服を着せることによって本来持っている体温調節機能が退化するだけでなく、服の中で蒸れて皮膚病の元になり、毛が絡まり毛玉にもなりやすいです。
フリルや飾りがついている服は私たちから見れば素敵ですが、犬からすればうっとおしいだけでなく、僅かな締め付け感でもストレスを感じてしまいます。
犬に必ず服を着せる必要はありません。


DSC_2822.JPG





とはいえ、ここ最近で益々、おしゃれで可愛らしい服が多く店頭で見かけるようになり、イベントなどでコスプレ感覚で衣装を着せると華やかになりその子の魅力が更に増しますよね。

その時その場所によって適切に着用したいものですね。
そうすれば、人も楽しく犬にも優しいものになると思います。



1

タグ